30代の小さな成功者

「手の届く範囲の小さな成功」を目指す30代男の人生逆転への奮闘記

MENU

【日光・鬼怒川】SL大樹に乗ってみた体験談

 f:id:rehabilisan:20171107221615j:plain

 

日光・鬼怒川に旅行に行ったときにSL大樹に乗車してみました。SL大樹の迫力ある姿は一見の価値があると思います。

この記事では、SL大樹に乗ってみた体験談について紹介して行きます。

  

大樹とは

 

 東武鉄道の下今市駅鬼怒川温泉駅を走るSLです。

2017年8月10日から運行を開始し下今市駅鬼怒川温泉駅間を1日3往復運行しています。

 

 SL大樹は、①鉄道産業文化遺産の保存と活用、②日光・鬼怒川エリアの活性化、③東北復興支援の一助を目的としてプロジェクトがすすめられてきました。

 

機関車だけでなく客車や駅舎・転車台など細部にもこだわって作られています。そのほとんどは各地の鉄道で使われていたものを集めてきています。

 

座席指定料金は、大人750円、小児380円で運転区間内は一律料金になっています。

座席指定券はインターネットでの予約、電話予約、東武線各駅、旅行代理店にて購入することができます。


今市駅のSL館

 下今市駅にはSL館と呼ばれる資料館があります。

SLの到着を待つまでの間、SL館でSLの歴史に触れることができます。

 

SL館の窓からは転車台が見えます。転車台で回転するSL大樹の姿を見ることができます

 

SL館の1Fにはテーブル席がいくつか用意されています。出発前に駅弁を食べたり休憩するにも使えます。

  

ホームに『大樹』が到着

 

f:id:rehabilisan:20171107222103j:plain

今市駅はSLに合わせて黒塗りにリニューアルされています。SL大樹の到着を盛り上げてくれる雰囲気があります。

 

転車台で向きを変えたSL大樹が下今市駅のホームに入ってくる様子は一見の価値はある迫力です。

 

蒸気と汽笛が気分を盛り上げてくれること間違いなしです。

ホームから大樹が到着する様子を写真撮影するのもおススメです。

 

 

車窓とSLのクラシカルな風情を楽しめる

 SL大樹の客車は綺麗に整っていて清潔な印象です。

SL大樹は下今市駅から鬼怒川温泉駅までの区間を普通電車よりもゆっくりと走ります。

 

 車窓からはSLに向けて手を振る人の姿が見られ、SLの人気が分かります。優越感も感じられます。

 

車窓の景色では鬼怒川を渡るところは紅葉と渓谷が良い雰囲気を出していてよい景観が見られます。

 

車内では写真撮影や大樹グッズの販売をしてくれる添乗員がいます。観光案内の添乗員さんの話を聞きながら車窓を眺めるのも楽しいものです。SL大樹に関するアンケート回答すると限定のボールペンをもらえます。

 

鬼怒川温泉駅の転車台

 

f:id:rehabilisan:20171107222201j:plain

鬼怒川温泉駅には出口を出たところに転車台があります。

SL大樹を降りた後には、転車台で向きを変える様子を見学することができます。

 

転車台に乗り込んでくるSL大樹の様子は大迫力で写真撮影にも持ってこいです。

 

 

結論:日光・鬼怒川の新名物は一見の価値あり

 日光・鬼怒川を訪れたからには是非ともSL大樹に乗ってみるべきだと思います。

 

SLの迫力ある姿を見て、実際に乗ってみることで他では味わえない体験をすることができます。

 

写真撮影にぴったりで旅行の思い出を残しておいてもいいのではないでしょうか。

 

ここでしか買えない限定グッズや駅弁もありますので、乗車するだけでなく楽しめる素晴らしい新名所だと思います。

 

広告を非表示にする