30代の小さな成功者

「手の届く範囲の小さな成功」を目指す30代男の人生逆転への奮闘記

MENU

理学療法士・作業療法士の靴選び!病院で使う靴はどんな物がベストか考えてみた

 f:id:rehabilisan:20171213232825j:plain

 

作業療法士として病院で働いていたときに『靴選び』にこだわったことがあります。それまでは養成校で実習用に買わされたナースシューズを履いていました。メッシュ加工で足が蒸れにくいように作られていましたが安物なので機能的ではありません。

長年使っていたのですが破れが目立ってきたので買い替えることに。その際に、「病院で使う靴はどんな物がベストなのか?」とあれこれ考えてみました。

 

この記事では、理学療法士作業療法士が病院で使う靴としてはどんな物がベストなのかについてお話していきます。

 

病院で履く靴としての条件とは?

 f:id:rehabilisan:20171213232758j:plain

 

私の働いていた病院では、靴は白が原則でした。白ければだいたいなんでも良いようで多少ラインなどが入っていても何か注意されることはありませんでした。

職場によっても違うでしょうが、どこの病院もそんな感じではないでしょうか。

病院の規定としてはそれぐらいですが、働く上ではさらに条件があるように感じます。

 

私が考えた病院で履く靴の条件として

  1. 着脱がしやすいこと
  2. 軽くて疲れにくいこと

が大切だと思いました。

 

着脱がしやすいことは、現場で働いている理学療法士作業療法士ならすぐに思いつくことでしょう。私たちの仕事はベッドやプラットホームに上がることが多いです。そのため、毎回のように靴を脱ぎます。そのたびに、もたもたしていると時間を喰ってしまいます。サッと脱げて、サッと履けることは理学療法士作業療法士の靴には必須条件だと言えます。

 

さらに、軽くて疲れにくいことも大切です。一日のほとんどの時間は病院で履く靴を履いて院内を走り回っているのではないでしょうか。リハビリ中にも患者さんと一緒に歩くこともたくさんあります。履いている時間、歩いている距離を考えると靴の重さによって身体にかかる負担も軽く見られないのではないでしょうか。

 

安いナースシューズの欠点とは?

 f:id:rehabilisan:20171213232707j:plain

 

市販されている安いナースシューズにはどんな欠点があるか考えてみました。

ナースシューズは慣れてくると着脱しやすいのですが、明らかに重いのです。元々院内での仕事を想定されているので軽さはそこまで重視されていないようです。特に安価で購入できる靴は大変重いので一日履いていると、結構な負担になってきます。

 

また、安いナースシューズは耐久性も乏しいように感じます。リハビリではとにかく歩いたり、着脱したりとかなりハードな動きを要求されます。そのハードな使用に耐えきれず破れてしまうようです。長く使うのであれば耐久性の面も考慮に入れるべきだと思います。

 

ランニング用のシューズを使ってみて

 f:id:rehabilisan:20171213232641j:plain

 

私が考えてリハビリに必要な靴の条件は以下の通りです。

  1. 全体的に白い靴
  2. 着脱しやすい
  3. 軽くて疲れにくい
  4. 耐久性がある

この条件で探した結果、マラソン用の『ランニングシューズ』がベストなのではないかという結論に至りました。

ちょっと高価ですが、5,000円前後のブランド物のランニングシューズを購入して病院で使ってみました。

 

使ってみて驚いたのが軽さです。ランニングシューズは身体への負担が少なくなるように作られているので、一日中病院内を歩き回っても疲れません。とにかく軽いので仕事終わりの疲労感が全然違いました。着脱のしやすさは靴ひもを緩くして対応していました。

ほんとうはしっかりと足にジャストフィットさせた方がいいのでしょうが、着脱のしやすさを犠牲にすることはできません。さらに、耐久性に関してもランニングシューズは長距離の走行を想定しているので頑丈なようです。購入してしばらく使っていますが、不具合は一切出ていません。

 

結論:軽いランニングシューズがベストな選択

 f:id:rehabilisan:20171213232520j:plain

 

理学療法士作業療法士が病院で使う靴としては『ランニングシューズ』がベストだと思います。

 

仕事で使う靴はついつい値段の安いものを選びがちですが、一日中履いていることを考えると高品質な物を選んだほうが良いと思います。身体への負担が少なくなれば疲れにくくなります。

疲れてしまうとリハビリ介入に集中することもできなくなってきてしまうでしょう。疲れにくい靴を選ぶことはリハビリの質を上げることにも繋がってくるのではないかと思います。

 

 

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【福袋対象外】◆PUMA MATCH 74-UPDATED CORE...
価格:9936円(税込、送料無料) (2018/2/16時点)

意外と快適!?フードコートに一人で行ってみて感じたこと

 f:id:rehabilisan:20171214230342j:plain

 

先日久々に外で昼食を一人で食べる機会がありました。普段の平日は弁当や会社の食堂で昼食を済ませています。そして、休日は家で食べることがほとんどなので、外出先で一人で昼食を食べることはありませんでした。私はレストランや定食屋に一人では入れないタイプです。

どうしても『一人で食べに来ている』と思われそうで苦手意識がありました。しかし、一人で好きなものを食べに外食をしたいという気持ちはあります。そこで今回は、意を決してショッピングモールのフードコートを利用してみることにしました。

 

この記事では、ひとり外食が苦手な私がフードコートに一人で行ってみて感じたことをお話していきます。

 

一度は行ってみたかった『おひとり様外食』

 f:id:rehabilisan:20171214230408j:plain

 

普段外食するときには、家族や彼女と行くことがほとんどでした。人と一緒なら不自然に思われることもありません。安心してお店に入ることができます。

 

しかし、人と一緒だと何かと制約が出てくるのも事実です。相手の好みや気分に合わせなければなりません。さらに、注文する料理も相手との兼ね合いを少なからず考える必要がでてきます。せっかくレストランに行ったのに本当に自分の好きなものを食べられないこともよくあります。

 

テレビなどでは『一人回転ずし』などが注目されているようです。私自身も興味を持っていました。「一人で行ったら好きなものが食べられるんだろうな」と。

 

しかし、一人でお店に入るにはなかなか勇気がいるものです。特に私は一人で牛丼屋やファーストフードにも行けないタイプ。他人は私のことなんて気にしていないことは常に考えているのですが、どうしても自意識過剰になってしまいます。

 

今回久しぶりに、一人で昼食を食べる機会がありました。そこで、せっかくなので一人で外食をしてみることにしました。しかし、普通のレストランに一人で入るのはなかなかハードルが高い・・・。今回は、フードコートから攻めてみることにしました。

 

家族連れでにぎわうフードコートに行ってみる

 f:id:rehabilisan:20171214230433j:plain

 

休日のショッピングモールのフードコートは家族連れでにぎわっています。フードコートの周りをウロウロしていると早くも怖じ気づきそうです。なるべく一人でも目立たなそうな場所はないかチェックして回ったところ、カウンター席がいくつか空いているのが分かります。テーブル席も空いていましたが、一人で座ると目立ちそうなので勇気がいりそうです。

 

「お店で購入したらカウンター席に座ろう!」

 

そう段取りを立てました。自分の座る席をイメージできたら、意を決してお店選びを始めます。

 

好きなお店を選べるのでワクワク

 f:id:rehabilisan:20171214230457j:plain

 

フードコートと言うと簡単な丼ものや麺類などを想像していましたが、いざ行ってみると店の多さに驚きました。

 

丼ものや麺類の店も多いですが、普通の定食やびっくりドンキーなどのお店も入っているようです。そのときの食べたい気分に合わせて好きなものを選べそうです。最近のフードコートはとても充実していることが分かりました。繁盛する理由も分かります。

 

「どれを食べようかしら」

 

15分ほど悩み抜いた結果、天丼にすることにしました。結局丼物ですが、見た目においしそうだったので選んでしまいました。一人なので何を選んでも自由です。自分で好きなものを選んで食べるのは久しぶりな気がします。

 

意外と居心地は悪くないカウンター席

f:id:rehabilisan:20171214230519j:plain

 

 注文してアラーム?のような呼び出しの機械を貰ったら、想定していたカウンター席に座って待ちました。

 

周りを見渡してみると意外にもひとりで食べに来ている人はたくさんいるようです。ノートパソコンで仕事をしているビジネスマンなんかもいます。特にカウンター席には私と同じように一人できている客が集まっているようでした。なんとも居心地は悪くない環境です。

 

アラームが鳴ったらお店に料理を取りに行って元のカウンター席につきます。周りからの視線よりも目の前の好きな食べ物を自由に食べられる感じが心地いい。誰の目を気にする必要もないので気楽なものです。食べ終わってからもスマホで検索などしながらゆっくりと過ごしました。店員との余計なやりとりもないので気兼ねなく居座れます。一息ついたら食器を片づけてフードコートを去りました。

 

結論:おひとり様外食初心者にフードコートはおススメ

 f:id:rehabilisan:20171214230559j:plain

 

おひとり様外食の初心者にフードコートがおススメな理由は3つあります。

 

  1. お店がたくさんあってそのとき食べたいものを選べる
  2. 他にもひとり外食の人がいるので気兼ねしない
  3. 店員との余計な関わりがないから自分のペースで居座れる

 

最初は不安でいっぱいでしたが、行ってみるとなかなか快適な場所でした。まだひとりでレストランに入る勇気はありませんが、フードコートならこれからもひとりで行かれそうです。フードコートでおひとり様外食に慣れてから、レストランに挑戦してみるのもいいと思います。

ひとりでの外食は他人の目さえ気にしなければ、自分がそのとき食べたいものを好きなように食べられます。純粋に外食を楽しみたいときにはベストな方法ではないかと思いました。今後も機会があれば、ひとりで行けるお店を開拓していきたいと思います。

 

 

 

 

知っておけば楽々!初めて胃カメラの検査を受けた感想を初心者に紹介する

 f:id:rehabilisan:20171213232825j:plain

 

30代になって初めて胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)を受けることになりました。前々から気になっていた胃の痛み。医師からは胃カメラの検査をするように薦められていましたが、のらりくらりとかわしてきました。最近のマイブームは『健康志向』。そろそろ自分の体についてこの機に精査してみるのも悪くないかと思うようになりました。そして遂に胃カメラの検査に挑戦してみることにしました。

 

この記事では、私が胃カメラの検査を受けてみた感想を初心者の人に向けて紹介していきます。

 

胃カメラ検査の流れ

 f:id:rehabilisan:20171213232758j:plain

 

胃カメラ検査の流れは以下の通りです。

  1. 当日の朝食を抜いて準備
  2. 受付で問診を受ける
  3. 胃の表面を見えやすくする白い液を飲む
  4. 検査室で喉に麻酔をかける
  5. 検査台に横になってマウスピースを装着
  6. 口から内視鏡を入れて飲み込む
  7. 消化管の中の写真撮影や胃を膨らませたり組織を取ったり
  8. 内視鏡を抜いてうがいをして検査終了

以上が大まかな流れになります。検査の総所要時間は30~40分といったところでしょうか。思っていたよりも検査時間は短く感じました。ここまではネットで他の方も記事にされているので検索すればすぐに調べられます。次から私の検査の流れを紹介していきます。

 

事前準備をして当日を迎える

 f:id:rehabilisan:20171213232732j:plain

 

検査自体は午前中の早い時間に予約を入れました。そのため、前日夜は20時までに食事を済ませ、当日の朝は食事を取らずに病院に向かいます。

 

前日になると気が重くなるもので、ネットで他の方の体験談を読み漁りながら『楽に検査を受けるためのコツ』を頭に入れました。他の方が紹介しているコツとしては以下のようなものです。

  • 喉の麻酔を飲み込まないようにしてしっかりと麻酔をかける
  • 唾は飲み込まずに垂れ流す
  • 鼻から吸って口から吐く呼吸をリラックスして繰り返す

上記のコツを頭に入れてイメージトレーニングを積み重ねました。前日は気楽なものでしたが、いざ当日になると本当に嫌な気持ちでいっぱいになりました。病院への足取りが重いこと重いこと。気が進まないまま受付を済ませ待合室で名前が呼ばれるのを待ちます。

 

胃を見えやすくする白っぽい液を飲む

 f:id:rehabilisan:20171213232707j:plain

 

名前が呼ばれると個室に呼ばれます。そこで当日の体調などについて簡単な問診を受けます。

 

「どうしてもオエッてなっちゃう検査ですからね~♪ 頑張ってくださいね!」

そんな言葉をかけられると、事前に準備してきた自己暗示も一気に解けてしまいます。もう不安な気持ちでいっぱいです。私は心底小心者だと思いました。

 

問診が終わると、謎の白っぽい液体が入ったペットボトルが出てきます。

紙コップに白っぽい液体が注がれ、飲み干すように促されます。見た目は濃いめのポカリスウェット的な感じです。しかし、そんなイメージで飲むと予想を反した不味さに体が拒否反応を起こします。

 

「まっずいぃおぇぇぇ!」そんな表情になります。問診をしてくれた看護師さんも分かっているようで「不味いですよね~」なんて言われます。不味いことは不味いですが少量なので飲めないことはありません。

白い液体を飲み干すと検査室に行くように案内されます。

 

検査室に入って喉に麻酔をかけるて準備

 f:id:rehabilisan:20171213232641j:plain

 

検査室に入ると、なにやら大がかりなモニターやピカピカあやしく光る内視鏡と思しきものがあります。一気に不安が増大していきます。

 

検査台に座らされ、紙コップに入った麻酔薬を手渡されます。「喉の奥に貯めるようにして30秒飲み込まないでください」そう指示されます。予習していたポイントのひとつ『麻酔』です。「ここはしっかり麻酔をかけてやるで~!」そう頭に入れながら麻酔薬を口に含み喉の奥に貯めます。

 

しかし、ここで予想外のことが起こります。麻酔薬を喉に貯めるとだんだん痺れてくる感じが分かりました。それと同時に、自動的にゴックンゴックンと徐々に飲んでしまったのです。喉に貯めはじめて5秒も経っていないのではないでしょうか。みるみるうちに喉の麻酔薬はなくなり胃の奥に消えていってしまいました。

 

「やっちまった・・・」

 

そう思い看護師さんに飲み込んでしまったのでお代わりを貰えないか聞いてみました。「あっ!飲んじゃいました?まあ大丈夫ですよ」看護師さんからはお代わりを貰うことはできませんでした。そのまま続行するようです。

 

喉には今一つ麻酔がかかりきらないまま横向きに寝るように指示されます。口にマウスピースをはめられ唾は垂れ流すように指示されます。体勢を整えてスタンバイします。もう緊張し過ぎてどうしようもありません。

 

いざ検査開始

f:id:rehabilisan:20171213232618j:plain

 

 医師が不気味に点滅している内視鏡を持って近づいてきます。

「鼻から吸って口から吐く呼吸を意識して楽にしていましょう」そう指示された通りに呼吸の練習をします。

 

「じゃあ入れていきますね~」その掛け声でマウスピースに内視鏡を突っ込んでいきます。内視鏡の太さはボールペンくらいの太さでしょうか。思ったよりも細い気がします。

口から入れられた内視鏡が喉に来た時に、「はい!飲み込んでください」と指示されます。

 

「飲み込むったって無理やで!」強烈な異物感を感じながらも、ゴックンしてみます。その瞬間強烈なオエェェが出ます。体をよじらせながらもうまく入らなかったようで再トライします。こちらの飲み込みと内視鏡を突っ込むタイミングが合ったらしく内視鏡が喉を越えた感覚があります。一度入るとスルスルと内視鏡を奥まで突っ込んでいきます。

 

この飲み込むときの強烈な嘔吐反射が過ぎると、すごく楽になります。事前に教えてもらった呼吸法を意識しているとそんなにつらくはありません。徐々に落ち着いてきて自分自身に起きている状況を理解できるようになってきます。

 

ここまで来るとモニターを見ながら落ち着いて過ごせます。内視鏡を胃の中に入れた状態で胃を膨らませたりします。胃が急激に膨らんでいく感覚があります。胃の組織を取りますが特に痛みなどの感覚はありません。内視鏡を突っ込んでから5分ほど経つと「はい終わりますよ~」の掛け声に合わせて内視鏡が抜かれていきます。抜くときは入れるときと違って苦しさはありません。

 

検査が終わると起き上がるように言われ、血圧測定などを行います。マウスピースを外されてうがいをするように促されます。検査直後でも普通に立ち上がって歩くことができました。

 

検査が終わって

 f:id:rehabilisan:20171213232550j:plain

 

事前に検査後にはすぐ動けるようになると聞いていたので、仕事を入れていました。食事はすぐには摂れませんが、終わった後は妙にスッキリした気分になります。そのまま仕事をこなすこともできました。検査前の不安がウソのように楽になります。

 

胃を膨らませたりを繰り返したせいか、オナラが頻繁に出るようになります。その日の夕方くらいまでは胃にちょっとした違和感が残っていましたが、仕事に支障が出るほどではありませんでした。

 

結論:苦しいのは飲み込む瞬間だけ

 f:id:rehabilisan:20171213232452j:plain

 

非常に面倒くさいと思っていた胃カメラの検査ですが、受けてみるとあっという間に終わりました。

 

思っていたほど検査後に支障も出ず、その日は普通に過ごすことができます。一度検査を受けてみるとそんなに負担も大きくないと分かります。また次回受ける機会があったときにはもっと気楽に受けることができるでしょう。

 

この検査の苦しいのは飲み込むその瞬間だけです。その一瞬の苦しみにさえ耐えてしまえばあとは楽に終わります。上述した3つのコツをしっかり頭に入れてリラックスして検査に臨むことが大切でしょう。

 

胃カメラは確定的な診断ができる検査です。食わず嫌いせずに受けてみると安心して生活を送ることができるようになります。悪くなって取り返しがつかなくなる前に検査を受けてみることがおススメです。

 

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HAMILTON [海外輸入品] ハミルトン ジャズマスター シンライン H38...
価格:57650円(税込、送料無料) (2018/2/8時点)