30代の小さな成功者

「手の届く範囲の小さな成功」を目指す30代男の人生逆転への奮闘記

MENU

【東京ディズニーシー】ニモ&フレンズ シーライダーの体験談と混雑状況

 f:id:rehabilisan:20170924001257j:plain

 

先日、はじめて東京ディズニーシーの『ニモ&フレンズ シーライダー』に乗ってきました。新アトラクションということもあって今までにない体験ができるアトラクションになっていました。

30代のカップルでも十分に楽しめるようになっていたと思います。

 

この記事では、ニモ&フレンズ シーライダー』を体験してみての感想と混雑状況について紹介していきます。

 

 

ニモ&フレンズ シーライダーとは

 

 『ニモ&フレンズ シーライダー』は東京ディズニーシーに2017年5月12日にオープンしたアトラクションです。

 

元々は『ストームライダー』のアトラクションがあった場所を改装して新規オープンしたようです。建物や内装はリニューアルしてありますが元あったものを利用している様子です。

 

『ニモ&フレンズ シーライダー』は前面にあるスクリーンと連動して椅子が動くタイプのフライトシュミレーター型アトラクションです。

 

『ニモ&フレンズ シーライダー』はディズニー映画のファインディング・ニモがモチーフになっています。

 

 

乗ってみての体験談

 

『ニモ&フレンズ シーライダー』のライドに乗る前にはプレショーがあります。このあたりも『ストームライダー』と同様ですが内装はかなり変わっていました。

 

プレショーも凝った構成になっていて、『海洋生物研究所』の設定をリアルに再現しています。どこかの博物館のような雰囲気を体感できます。

ライド自体は5分程度ですがプレショーも合わせると満足感は十分あります。

 

このアトラクションはストーリーが毎回変わります。各分岐点ごとに2種類の分岐が用意されており、毎回ランダムに出現するようになっています。わたしは1日に2回乗りましたが、どこの分岐が変わるかはランダムなようです。2回乗っただけではすべてのルートは体験できませんでした。その分、1日に何回も乗りたくなる構成になっていると思います。

 

 映画ファインディング・ニモシリーズの人気のキャラクターがたくさん登場します。映画を見ている方なら誰でも楽しめるような構成になっています。個性的なキャラクターの見せ場がみられるところもこのアトラクションの魅力だと思います。

 

わたしがこのアトラクションに乗って驚いたことは、その滑らかな映像とライドの技術です。水中をゆったりと動くような感覚を味わえます。今までのディズニーアトラクションにはない体験ができます。

 

また、前面のスクリーンだけでなくサイドにいくつかあるサイドスクリーンにも注目してみましょう。サイドスクリーンの映像も前面のスクリーンと連動しているため360度海中にいるような気分になります。前面のスクリーンだけでなくサイドスクリーンをときどき見てみることもおススメです。

 

『ニモ&フレンズ シーライダー』はスリル満点のアトラクションと違い小さな子供でも楽しめるアトラクションになっています。そのため、家族連れの方がたくさんいる印象です。もちろん、30歳過ぎた大人が乗っても十分に楽しめます

 

アトラクションの特性上、とても酔いやすいというネットの評判です。わたしも少し酔いそうな感覚はありましたが乗車時間が5分程度なので特に問題なく乗ることができました。 

 

 

混雑状況と攻略法

 

  今回私が行った日は9月の平日でしたが、天候がよく普通の平日よりも混雑している印象でした。体感的には普通の土日の混雑状況と同じくらいかと思います。

 

開園と同時にファストパスを取りに行きましたが、午前中一番の時点ではファストパスも30分待ちくらいでしたのでスルーして『インディジョーンズ・アドベンチャー』のファストパスを取りに行くことになりました。開園と同時に『ニモ&フレンズ シーライダー』に向かうとスタンバイでも10分程度で乗車できる状況です。

 

10時過ぎくらいにファストパスを取りに行きましたが乗車時間は13時ころになっていました。その後もその日は16時くらいまではファストパスの発券がされていたようです。

混雑し始める時間帯になるとだいたい60~70分待ちの状況が続いていました。

 

閉園間近の21時30分ころに再度『ニモ&フレンズ シーライダー』に向かうと20分待ちでスタンバイで乗車可能でした。他の人気アトラクションはファストパスのみの受付になっていましたが、このアトラクションはスタンバイでも大丈夫なようです。

『ニモ&フレンズ シーライダー』は乗るたびにストーリーが変わる楽しみがあるので、1日に2回乗ってみるのもいいと思います。その場合には閉園間際の時間はおススメだと思います。閉園間際に乗った後には『ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ』に乗車してアメリカンウォーターフロントエリアまで戻るといいでしょう。

 

結論:1日に何回も乗ってすべてのストーリーを体験したくなるアトラクション

 

『ニモ&フレンズ シーライダー』は、『ファインディング・ニモ』シリーズの映画ファンならば必ず楽しめること間違いなしです。

 

毎回ストーリーが異なるので1日に何回も乗りたくなるような構成になっています。オープン当初はかなり混雑していたようですが、現在は混雑はかなり落ち着いているようです。1日に2回以上乗ることも十分に可能です。

 

今までにない新鮮な体験ができるので子供から大人まで満足できるアトラクションだと思います。