30代の小さな成功者

「手の届く範囲の小さな成功」を目指す30代男の人生逆転への奮闘記

MENU

【日光】『日光湯波巻き 全ZEN』に行ってみた体験談

 f:id:rehabilisan:20171112141202j:plain

 

 日光に観光に行ってランチに話題の『日光湯波巻き 全ZEN』に行ってみました。他では味わえない絶品の湯波料理を味わうことができました。店内の雰囲気も『隠れ家的』な感じにこだわりがあってとても面白い体験ができました。

 

この記事では、日光湯波巻き 全ZEN』に行ってみた体験談を紹介していきます。

 

 『日光湯波巻き 全ZEN』とは

 

 

 『日光湯波巻き 全ZEN』は東武日光駅から徒歩15分の場所にある湯波をアレンジした創作料理のお店です。

 

『日光湯波巻き 全ZEN』

日光ロマンチック街道沿い、日光名産「日光ゆば」と厳選した旬の栃木県産食材を使用する和創作料理をスタイリッシュな隠れ家的空間で堪能する「日光湯波巻き 全ZEN」。

若き料理人が目利きした栃木県ブランド和牛「とちぎ和牛」や季節の源泉野菜、日光名産の「日光ゆば」や「たまり漬け」を贅沢に使用した創作料理をお楽しみいただけます。

自慢の店内は古民家を改装した店主のこだわりが詰まったスタイリッシュな空間で、二階席は団体様のお食事、宴会も可能、落ち着いた雰囲気の寛ぎの個室も完備しております。

世界文化遺産登録された日光東照宮や日光観光の際は「日光湯波巻き」を是非お楽しみ下さい!

 

引用:日光湯波巻き 全 ZEN(日光/湯葉(湯葉料理)) - ぐるなび

営業日は火曜日を除く10:00~19:00までです。

今回は予約をせずに立ち寄ったので、ランチに『全の日光湯波巻き御前』2,000円のものを食べてみました。

 

『全の日光湯波巻き御前』は珍しい湯波巻きを楽しめる

 

 

f:id:rehabilisan:20171112123400j:plain

 

『全の日光湯波巻き御前』の内容は、とちぎ和牛と山葵の湯波巻き、本日の小鉢、本日の煮物、和牛と牛蒡のしぐれ煮、自家製たまり漬け、お味噌汁、生湯波ぜんざい「白」です。

 

御前をひとつ頼むだけで、たくさんの栃木名物を楽しむことができます。

 

とちぎ和牛と山葵の湯波巻きは、生湯波のほのかな甘み、とちぎ和牛のしっかりした味わい、つけダレの旨味が絶妙な一品でした。日光旅行でさんざん湯波料理は食べてきましたが、他では味わったことのない贅沢な味わいでした。お好みでつける山葵も香り高く素材の味をより引き立てるようでした。

 

小鉢や煮物には栃木県産のものがたくさん使われており、どれもこだわりが感じられます。お味噌汁も赤味噌で濃いめの味が美味しいです。

 

デザートの生湯波ぜんざい「白」は湯波を大胆にデザートにしたのものでした。最初は合うのかどうか疑問でしたが、食べてみるとぜんざいに良く合っていて他では食べられない料理だったと思いました。

 

全体的に量は少なめで、男性にはちょっと少なめかもしれません。一つ一つの料理が味が濃くておいしいので量の割には満足できた気がします。

 

店内は全10席で混雑

 店内は創作料理店らしくデザインも拘ってあります。

座席はインターネットの情報だと40席となっていますが、行ってみると1F部分の10席のみで回しているようでした。

 

お昼の時間をかなり過ぎたころに行ったのですが、30分ほど待つことになりました。氏名と電話番号を記入しておいて時間まで外で過ごすことも可能です。

 

店内には待合室のような座って過ごせるところはありませんので、待っているのはなかなか大変でした。

 

日光には外国人観光客が多いので、待っているお客さんも外国人が多かったです。なかなか日本人には居ずらい環境でした。

 

座席はデザインがこだわりがあり雰囲気はいいです。やや埃っぽい印象はありましたが食事する分には問題ないかと思います。

 

 

結論:料理は美味しい。お店自体は外国人観光客向けの印象

 お店自慢の『全の日光湯波巻き御前』は、他では味わえない大変美味しい料理だと思いました。

 

日光観光をすれば、湯波を食べる機会は多いですが、このお店の料理は湯波のおいしさをよく引き出していると思いました。

 

場所が観光地なので外国人が多いこともあって、外国人をターゲットにしたお店なのかなといった印象は強かったです。

 

隠れ家的料理店ですが落ち着いて長居する雰囲気ではなかったかなと思います。

 

 

広告を非表示にする