30代の小さな成功者

「手の届く範囲の小さな成功」を目指す30代男の人生逆転への奮闘記

MENU

【鹿児島】城山に行ってみた体験談

 f:id:rehabilisan:20171012213829j:plain

 

鹿児島の代表的な観光スポットに『城山』があります。今回わたしは『城山』の展望台を見に行ってみました。

この記事では、城山に行ってみた体験談を紹介していきます。

 

城山とは

 

 城山は鹿児島に来たら是非とも訪れたい観光スポットのひとつです。

 

『城山』

城山(しろやま)は鹿児島市中央部にある山、あるいは丘陵。西南戦争最後の激戦地であり、国の史跡および天然記念物に指定されている。かつては鶴丸山・上之山と呼ばれていた。

引用:Wikipedia

 

 西南戦争の跡地や西郷隆盛ゆかりの地です。鹿児島の歴史を知る上でも是非とも立ち寄りたい鹿児島の代表的な観光スポットです。

 

シティービューで約20分

 

 城山へのアクセスには鹿児島中央駅から出ている観光バスの『シティービュー』が便利です。シティービューには『城山・磯コース』と『ウォーターフロントコース』『夜景コース』の3コースがあります。

 

日中に城山観光をする場合おススメなのが『城山・磯コース』です。

f:id:rehabilisan:20171012145514p:plain

 引用:気ままに観光|鹿児島市交通局|人に環境にやさしい市電・市バス 観光電車「かごでん」 シティビュー サクラジマアイランドビュー

 

コースの全体像はこちら

 f:id:rehabilisan:20171012145626p:plain

一回当たりの乗車料金は大人190円小学生以下は100円です。お得な一日乗車券は大人600円小学生以下300円です。一日に4回以上乗車する場合には一日乗車券を購入した方がお得に利用できます。

 

鹿児島の主要な観光地を網羅しているので市内観光には是非とも利用したい観光バスです。

 

鹿児島中央駅からシティービューに乗車して約20分で城山につきます。城山へのバスの道のりはかなりの山道を登っていくことになります。

 

バス自体は小さめの車両ですが内装も凝った作りになっています。外装はひと目で観光バスと分かるくらい派手な装飾がされています。バス停でバスを待っていても来るとすぐに分かるくらい目につきます。

 

城山のバス停から展望台まで徒歩10分

 

 城山のバス停から展望台までは歩いてすぐにつきます。山登りは一切なくすぐに展望台に着くのでちょっと拍子抜けする印象です。

 

バス停を降りると売店やお土産物屋があります。ちょっと懐かしい感じのお土産屋が並んでおり、Tシャツなどが販売されています。熊本のご当地キャラのくまもんグッズを販売している店が多くて驚きました。

 

お土産物屋を抜けると林の中の遊歩道のような道になります。10分も歩くと展望台に到着してしまいます。さほど歩き回ることなく目的地につくので疲れているときや体力のない方でも安心して訪れることができるでしょう。

  

桜島鹿児島市内の眺望が抜群

 

f:id:rehabilisan:20171012213921j:plain

 城山展望台からの景色は桜島鹿児島市内を一望できます

一気に鹿児島旅行気分を味わえます。記念写真を撮るのにも絶好のスポットです。

 

観光客も多く込み合っています。展望台には売店が一店舗だけありお土産物やお菓子などを販売しています。品ぞろえはそんなに豊富ではありませんが展望台ではここ以外に買う場所はありません。

 

年季の入った西郷隆盛の顔はめパネルなどありカップルや友達同士で楽しみながら写真撮影するのもいいでしょう。

 

展望台にはベンチもたくさん用意されているので座ってゆっくりと景色を眺めることもできます。タイミングが合えば桜島から噴煙が上がっている様子を見ることもできます。

 

結論:眺望は一見の価値あり

 

 城山展望台の眺望は鹿児島を訪れたら一見の価値はあると思います。

 

今回は訪れませんでしたが城山には歴史的なスポットがたくさんあるようです。歴史好きの方は史跡めぐりをしてみるのもいいのではないかと思います。展望台から先には遊歩道があり西南戦争ゆかりの史跡巡りができるようです。

 

展望台だけであればバスで簡単にアクセスできるのでサッと立ち寄って次の場所に移動するのもいいと思います。

広告を非表示にする