30代の小さな成功者

「手の届く範囲の小さな成功」を目指す30代男の人生逆転への奮闘記

MENU

デートのマンネリ解消!浴衣デートをおススメする理由

 

f:id:rehabilisan:20170830114957j:plain

 

カップルの付き合いが長くなるとデートもマンネリ化してきてしまいます。デートでドキドキ感を味わえないことでデートに飽きてきてしまうこともあります。この記事ではデートのマンネリを防ぐために夏場限定の浴衣デートをすることをおススメする理由を体験談をもとに紹介していきます。

 

 

いつものデートはマンネリ化してきてしまう

 

付き合いたてのころはどこにデートに行っても新鮮な気分を味わえます。

 

しかし、交際年月がたってくると自然とデートの新鮮さが失われてきます。どちらの家からも行きやすい場所ばかり選んでいると、『気付けばいつも同じところでデートしている・・・』なんてことにもなります。

 

毎回似たような場所や同じようなデートを繰り返していると、デートに飽きてきてしまいます。デートをすることが面倒になってくるとカップルにとっては危機的な状況にもなってしまいます。

 

わたしも付き合い始めて2年たち、デートスポットは何度も行ったことのあるところをルーティーンで回るようになってきました。見知った場所なので特に感動もなく、ただ彼女と一緒にいるだけのデートを繰り返すようになっていました。このままではいけないと思い、普段とは違うデートを実践してみることにしました。

浴衣デートでマンネリ解消できる理由

 実際にお互いに浴衣を着て浴衣デートをしてみたところ、普段とは全く違う新鮮な気分を味わうことができました。はじめて浴衣を着てデートをしてみたので恥ずかしさもありましたが、その恥ずかしさを上回る感動がありました。

 

rehabilisan.hatenablog.com

何度も行ったことのある場所もいつもと違う気分になれる

 デートで訪れた場所は浅草や東京タワーです。どちらも何度もデートに行ったことのある場所で、どこに何があるかも熟知しています。私服で普通にデートに行っても特に新鮮さを味わうこともできない場所ですが、浴衣を着て訪れると気分が一変しました。

 

浴衣を着て街を歩くという独特な感覚を味わうことができます。浴衣を着ているだけでふるまい方も自然に変わってくるので、いつも見慣れた景色でも感じ方が変わってきます

 

また、浴衣を着ているだけで目立ちます。周りから注目されているような気分を味わうことができます。普段のデートでは周りから気にも留められないでしょうが、浴衣デートをするとなんだか自分たちが主役になったような気持ちになれます。

普段の生活で人から注目される機会はあまりありませんが、浴衣を着て出歩いていると注目されているような気分になります。普段は目立たないようにふるまっている人も、本心では注目されたいという欲求を持っています。

浴衣を着てデートをすることで『目立ちたい』という欲求を満たすこともできます。

 

普段とは違った一面を見せられる

 浴衣デートをすることで、相手に普段と違った一面を見せることができます。反対に相手の違った一面も見ることができます。

お互いに普段着ではなく浴衣を着ることで、普段とは違うドキドキ感を味わうことができます。付き合ってから年数がたつにつれてなかなか、最初のころのドキドキ感を味わえることが少なくなってきます。浴衣デートをすることで、忘れていた感覚を楽しむことができます

 

また、お互いに浴衣を着てデートすることで、普段の場所でも写真をたくさん撮りたくなります。交際してから年数がたってくると写真もあまり撮らなくなります。そこで、浴衣デートをすると普段行きなれた場所でも写真を撮っておきたくなります。お互いにとって記憶に残るデートになること間違いなしです。

 

さらに、夏場の浴衣デートは男も女も憧れるものです。その憧れの状況を実現してあげることで、彼女も喜んでくれるのではないでしょうか。彼女が喜んでくれるだけでも、浴衣デートをしてみる価値はあるのではないかと思います。 

結論:夏場限定の浴衣デートを取り入れることでデートのマンネリを解消できる

 浴衣デートは夏場限定の特別なデートになります。普段とは違うデートを行うことでデートのマンネリ化を防ぐことができます。

 

浴衣を着ていくのには準備や恥ずかしさなど面倒くさい部分もたくさんあります。浴衣を着て外を歩くだけでも大変疲れます。

 

しかし、それらのデメリット以上に新鮮な気分を味わうことができます。きっと浴衣デートを終えた後には満足感を感じることができるでしょう。

 

今年の夏こそ普段とは違う浴衣でのデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。